早春

早春賦の歌詞のように柔らかい光の中で

冷たい風が頬を撫でていきます。

梅の花も満開になり甘い香りを風に乗せて

運んでます。写真の紅梅は何年か前の台風で

上の方から裂かれて下の幹に枝が一、二本

残り生き返って欲しいと願っていました。

何とか枯れず、梅の木の強さを教えてくれました。木姿も整って毎年花を咲かせてくれます。